コラム

ピアノと暖房

お家の中までいても、特に朝晩の冷え込みは厳しいものがありますがピアノの練習などを行うときに、そんなお部屋でピアノの練習となると、手もかじかんで練習どころではないと思われるかもしれません。 そんな時は暖房をつけると思いますが、暖房をつけたお部屋のピアノと、そうでないピアノの場合何か違いは出るのでしょうか。 ピアノは木材や金属など様々な素材でできたパーツが組み合わされてできていますから、暖房により熱を受けると、膨張する部分とそうでない部分、膨張している場所でも大きく膨張するところと小さく膨張すると分かれているので、調律したピアノでも音が徐々にずれてしまうことが考えられます。 本来ピアノは温度と湿度が一定に保たれた場所に置かれているのが一番なのですが、一般のご家庭でそれを実現するのは難しい点もあるのは事実です。 せめて、暖房からの温風が直接ピアノに当たらないようにするのが、簡単にできる対策かもしれません。 また、定期的に調律を行うことがピアノのピッチのずれを抑えるのにも重要なポイントです。 冬と夏は冷暖房によりピアノの周囲の環境が変わりやすい時期ですから、これらの時期にピアノ調律のプロに任せてしまうのも、お勧めです。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。