コラム

ピアノの扱い

大きくてとても重い、そして非常にデリケートな楽器といわれているピアノですが、扱いに注意しなければ比較的簡単に音色が変わったり鍵盤の動きが悪くなることがあるので注意が必要です。
ピアノを扱う際は、湿気や水分には特に注意が必要なのではないでしょうか。
ピアノは基本的に電子ピアノ以外は木材でできているため、水分や湿気の影響を受けやすい可能性があります。
水分を含んでしまうとピアノ全体の動きが悪くなる原因となりかねないので、環境には注意しましょう。
また、自分で手入れをする際もあまり濡らした布は使用しないほうがよいのではないでしょうか。
濡らした布の水分がピアノの内部に侵入してしまうことがありますのでなるべく固く絞った布での手入れがおすすめです。
ペダルなどのピアノの金属部分も湿気により錆びてしまう可能性があるので、研磨剤を使用するなどの手入れも必要になってくる可能性があります。
しかしながら寿命や自分ではどうにもできそうになり状態になったときは、一度当サイトにピアノ修理のご相談をしてみることをおすすめします。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。