コラム

調律師はピアノのお医者さん

雨が多くて湿気が高くなっていくのに比例して、ピアノのトラブルも多くなっていきます。「音がおかしい」「銀盤が上がってこない」「音が鳴らない」というのもよく聞きます。
人間と同じでピアノも湿気を嫌がります。天然素材を組み合わせて作られているため、温度や湿度に大きく影響されるんですね。音色と同じで繊細です。
梅雨時のピアノトラブル防止策の最も大切なところは徹底した湿度管理です。濡れたタオルや衣服を持ち込むのはもってのほかです。ピアノの置いてある部屋で部屋干しもやめてください。空調を使って、湿度を一定の保ってください。湿気が多くてもダメですが、乾燥するのもダメです。こう書くと、ピアノは扱いが大変でとても難しいもののような気がしてしまいます。
生き物、と考えると管理しやすいかもしれません。人間も温度や湿度が合っていないと、体調を崩します。調律師は言わばお医者さんですよね。定期的に見てもらって、調子の悪い時は直してもらう。ピアノと持ち主の相性が良い調律師を是非見つけてください。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。