コラム

過度な乾燥も要注意です

木材やフェルトなどを使用しているピアノにとって、過度な湿気は大敵です。もしも湿度が高ければ、ピアノに錆やカビが発生したり、非着心地が悪化してしまったりといった事態に陥ってしまうのです。しかし、だからといって過度な乾燥もピアノには適さないのです。過度な乾燥は雑音の発生や弾き心地の悪化、更には接着の剥がれや木材の反りなどを引き起こしますので、乾燥にもご注意ください。
しかしご注意ください。加湿器などを使い過ぎますと、ピアノに結露が発生する事があります。また、ヤカンや鍋にお湯を沸騰させ、湿度を上げるというのもおすすめできません。結露が発生しやすくなるおそれがあるのです。このようなことを防ぐためには、ピアノ専用のヒーターや、湿度計を用意するという方法が有効です。可能な限り湿度を一定に保つことが重要なのですが、一般家庭ではそれにも限界がありますので、あまり神経質になりすぎてもいけません。
湿度の低下や暖房の使用など、今はちょうど乾燥しやすい時期です。過度な乾燥は人間だけでなく、ピアノにも害をもたらす事があります。何か異常を感じましたら、当サイトよりご相談されることをおすすめいたします。相談窓口は365日稼働していますので、冬のこの時期でもお気軽にご相談ください。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。