島根県の寒暖差や湿度は?ピアノ調律の必要性とは

ピアノは木材や銅など多くの材料からできており、温度や湿度の影響を受けます。温度は、主に弦に影響します。弦は銅でできているため、暑いと膨張し、寒いと収縮します。暑い夏は弦が緩んでピッチが低くなり、寒い冬は弦が張られてピッチが高くなると言えます。湿度は響板に影響します。響板は木でできているため、湿気が高いと水を吸って膨張し、弦が張られ、ピッチが高くなります。そして、乾燥注意報が発令されるような冬には乾燥してしまい、響板が収縮して弦が緩み、ピッチが低くなってしまいます。このように、温度や湿度とピッチは大きく関係していますが、温度より湿度の方がピアノにより大きな影響を与えます。もちろん、寒い冬に暖房で急激に暖める、暖房が効いた部屋の窓を開けっぱなしにして急激に温度を下げるといった、急激な温度変化は音に大きな影響を与えます。島根県の2013年最低気温は0.5度、最高気温は32.4度です。年間の寒暖差は31.9度で、全国35位と、比較的温度差の少ない県と言えます。したがって、湿度の方をより重視しましょう。島根県の2013年相対湿度は75%で、全国平均より高めです。ピアノに適した湿度は60%前後ですから、ピアノにとってあまりよくない環境と言えます。そして、ピアノはハンマーが弦を叩くことで音が出ます。そのため、使えば使うほど摩耗していきます。弦はピンで張られていますが、1本あたりの張力の平均は90kgにも及ぶため、使わなくても弦が伸び、緩んできます。そのため、ピッチが乱れ、こもった音になっていきます。特に、多くの人が使用する音楽教室や学校、コンサートホールなどでは調律師によるこまめな調律をおすすめします。あまり弾かない場合も、1年に1回程度の調律が望ましいです。その場合は、比較的気候が安定している春か秋がおすすめです。調律をしないと、音が乱れるだけではなく、ピアノ内部の故障を長きにわたり見落とすことにもなります。例えば、ネズミが巣を作っていた、外からは見えないが鍵盤が壊れていたなどです。これらの修理は大掛かりなものになり、多額の費用がかかります。部品の交換などの小さな修理なら大きな手間をかけずにできます。調律とは、人間でいう健康診断、修理は治療です。早期発見、早期治療が大切になります。

ピアノ調律修理110番の島根県地域における対応エリアについて

  • 松江市
  • 浜田市
  • 出雲市
  • 益田市
  • 大田市
  • 安来市
  • 江津市
  • 雲南市

※修理のお問合わせの場合、5年以上使用している電子ピアノは対応不可。

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。