栃木県の寒暖差や湿度は?ピアノ調律の必要性とは

一般に、ピアノの調律は、1年に1回は必要であるといわれています。しかし、製造年数や、ピアノが置かれている環境、温度や湿度などによっても、その必要頻度は変わってきます。例えば、新しい製品の場合、弦を引っ張る力が強いため、最初の3年は、半年に1回の調律が必要になります。また、弦は温度の変化によって伸び縮みを繰り返します。寒暖差が大きい地域では比較的音が狂いやすくなる傾向にあるため、それも考慮する必要があります。さて、栃木県の場合を見てみますと、2013年の最高気温は32.1℃、最低気温は-2.9℃であり、年間の寒暖差は35℃にも上ります。これは全国7位の記録であり、栃木県は全国的に見ても寒暖差の激しい地域といえるでしょう。さらに、平均相対湿度は67%と、これも非常に高い数値となっています。以上のことから、栃木県がいかにピアノにとって過酷な環境にあるかが分かります。この場合、早ければ半年で、音が半音近く下がったり、鍵盤を押すと上がらなくなったりといった不具合が生じてくることがあります。しかし、調律には費用が掛かりますし、音が出ているからそんなに頻繁には必要ないと考える方もおられるでしょう。ピアノは、数千個もの部品で成り立っており、一つ一つの部品も100分の1ミリ単位での調整がされています。使われている羊毛も天然ものであり、放置すれば虫にくわれることもあります。栃木県は環境の面からみても、定期的なメンテナンスが必要不可欠なのですが、それをされない場合、ピアノの内部に結露が生じたり、木工のハンマー部分が割れてしまったり、弦が切れてしまったりという事象も起こりうるのです。その場合は、調律は難しくなり、修理が必要となってきます。修理によって、以前のような綺麗な音を取り戻すことも可能ですが、部品の取り換えや弦の張替えを行うため、費用も時間もかさむことになります。ピアノは木材や羊毛など、貴重な天然資源を多く使用しています。だからこそ、定期的な調律、場合によっては修理を施しながら、メンテナンスをしていくことで、長きにわたって美しい音を奏でることができるのです。

ピアノ調律修理110番の栃木県地域における対応エリアについて

  • 宇都宮市
  • 足利市
  • 栃木市
  • 佐野市
  • 鹿沼市
  • 日光市
  • 小山市
  • 真岡市
  • 大田原市
  • 矢板市
  • 那須塩原市
  • さくら市
  • 那須烏山市
  • 下野市

※修理のお問合わせの場合、5年以上使用している電子ピアノは対応不可。

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。