ピアノの状態を保つための調律をしましょう | ピアノ調律修理110番|調律:12,000円~&修理:1万円~

コラム

ピアノの状態を保つための調律をしましょう

ピアノ本来のあの独特の音を楽しむためには、ピアノをホコリ、タバコの煙や湿気から守るといった、普段の気遣いがとても大切です。 調律を正しく行うことも、ピアノの音を気持ちよく楽しむために重要ですが、実はピアノの調律について以外に知られていないのが、 調律の仕方によってはピアノに影響を及ぼす場合があるということです。 今回は調律がピアノに与える影響をご紹介します。 ヘルツ(Hz)という言葉を聞いたことはありますか? 周波数の単位を表します。一般的に440hzがAの音、ピアノ鍵盤のラに当たる音になっています。国際基準も440hzです。 しかしクラッシックでは442hzと少し周波数を上げているのが一般的です。周波数が高くなるときらびやかに聞こえる場合があるからです。 大手ピアノメーカーの多くはピアノの調律を442hzで行った時に一番適切に響くように作られています。 周波数を上げるということはピアノの弦を張るということなので、ピアノにとっては負担です。 こだわりをもって周波数を上げて、きらびやかに感じさせたいと思う人ももいますが、 ピアノに無理を加えて、音の質を下げてまで周波数を上げることになると異論を唱えている人もいます。 またピアノは低い音と高い音で周波数を変えている場合があります。 低い音の周波数と高い音の周波数が全く同じであると、低い音の響きが高い音の響きを飲み込んでしまい、何となく音の広がりが悪くなったような印象を受ける人がいます。しかし少しだけ高い音の周波数を高くするとそれだけで音がきりっと明るくなるように聞こえることがあります。ピアノという楽器は和音の広がりが美しいことに魅力があります。 ピアノ本来の魅力を最大限に引き立てる調律をプロにお願いしましょう。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。