コラム

基準ピッチについて

基準ピッチという言葉は、楽器を演奏する方にとってはよく知られている言葉だと思います。

これは何かというと、楽器のピッチの中でよく使われるもので、音の高さを示しています。基準というからには、多くの楽器が共通して使うピッチということになります。

この基準ピッチ、一般的ではA(ラの音)=440Hz(ヘルツ、周波数の単位)で調整するように出来ています。 しかし、実際にはこの440Hzより高い周波数で演奏される事が多くなっているそうで、ピアノの調律でも442とか、443とか少し高いところに合わせることも多いようです。

もちろん、基準ピッチではダメということではないのですが、演奏会などの練習を行う場合、その会場で使用されているピアノのピッチに調整しておかないと、いざ演奏した時に違和感があり、日頃の成果が発揮できないということもあります。

また、他の楽器と一緒に演奏するピアノについては、あまりピッチを上げないこともあるようです。ピッチを上げる、つまり音が高くなればなるほど、音が出にくくなる楽器もあるからです。合唱の伴奏に使うピアノであれば、歌う人と合わせる都合もあります。

ピアノのピッチ調整は大変奥の深いものです。調律師の方に相談しつつ、最適なピアノ調律をしてもらうと良いでしょう。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。