コラム

定期的な調律をしてあげましょう

ピアノの調律はピアノの音を保つためには必要なことです。もしもやらないと弦の緩みによる音の狂いが起こったり、温度変化の影響によって音が狂ったりしてしまいます。これを防ぐためにもピアノの調律はやっておかないといけません。ではどれくらいの頻度でやってあげると良いのでしょうか。今回はこの点についてご紹介いたします。この点は調律師によってもやや見解が違っているようですが、一般家庭で1日1時間ほど弾くという方は半年に1回ほどやっておくと良いようです。たまにしか弾かないという方であっても経年劣化がありますので、1年に1度はやっておく必要があります。毎日数時間、ピアノを弾いているという方は年に数回ほど必要となっております。この数を目安にして、自分の家のピアノはどれくらいの頻度でピアノの調律をやっておくと良いのかと決めておくと良いでしょう。分からない場合はピアノの調律を扱う業者に尋ねてみてはいかがでしょうか。大切なことは定期的なピアノの調律をしっかりと受けさせてあげるということですので、音が悪くなる前にちゃんとピアノの調律はやってあげるようにしましょう。そうしてあげれば問題なく良い音のピアノを楽しむことができるのです。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。