湿度の調整だけでもだいぶ変わります | ピアノ調律修理110番|調律:12,000円~&修理:1万円~

コラム

湿度の調整だけでもだいぶ変わります

ピアノの音が徐々にずれていくのは、強い力を掛けて張られた弦が、徐々に元の長さに戻ろうとすることによるものと、ピアノの本体が水分を吸ったり、あるいは放出したりすること、それに気温の変化によるものが原因となっています。 この中でも、特に大きな影響を与えるのが湿度の影響です。 ピアノを形作る木は、表面に小さな穴が無数に開いています。これらの穴は、周囲の湿度が高ければ水分を吸収し、逆に乾燥していると、内部の水分を放出する働きがあります。 ピアノの本体、特に響板という部品が水分を吸ったり、出したりするとピアノの音を大きく左右します。 というのも、響板にはピアノの音を増幅する効果があります。良質な木材が使われていると、より綺麗な音になると言われています。 ピアノが製造された時、音をあわせる場合は一番良い状態の響板で行われていますから、ご自宅などで使用されている時、響板が過度に湿気を吸ったり、過度に乾燥したりすると、音が正常なものではなくなってしまうのです。 当然、そんな状態のピアノで調律を行ったとしても、正しい音には合わせられません。 では、少しでもピアノの音を安定させるにはどうしたら良いのでしょうか? 実は、加湿器や除湿器を使うと、ピアノのコンディションを良い状態で保つことが可能です。 大体気温20℃の時に湿度50%くらいに調整をしておくと良いそうです。 もちろん、それ以外にも定期的な整備・調律は必要不可欠。年に1度はピアノ調律をご依頼下さい。

0120-949-438

通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

0800-805-7270

24時間365日・日本全国受付対応中

  • 無料相談はこちら

利用規約はこちら

取材依頼多数

CM

私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-949-438

24時間365日・日本全国受付対応中!
  • しばた
  • みつはし
  • かなもり
  • かみじょう
  • ほし
  • いしはら
  • おおた
  • まの
  • たけうち
  • あおき
  • しもの
  • おがわ
  • よしだ
  • こばやし
  • もり
  • つるた
  • なかお
  • ほりえ
スタッフが待機中
  • 無料相談はこちら

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。