ピアノの調律の頻度は?調律する理由や放置すると起きる被害 | ピアノ調律修理110番|調律:12,000円~&修理:1万円~

コラム

ピアノの調律の頻度は?調律する理由や放置すると起きる被害

ピアノの調律の頻度は?調律する理由や調律を放置すると起きる被害

ピアノを使用している方や、お子様にピアノを習わせているご家庭の方は「ピアノ調律」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。ピアノ調律は、ピアノをいい状態で使うための作業です。ピアノ調律の頻度やピアノ調律を行う理由を知りたいという方が多く見られます。

この記事では、ピアノ調律の頻度やピアノ調律を行う理由などを解説しています。また、劣化を進めないためには、ピアノをできるだけいい状態で保管することも大切です。ピアノのさまざまな知識も紹介するので、記事を一読しておくとピアノの保管やいい音色を保つ方法が身に付きます。

ピアノ調律の頻度は?

ピアノの調律は、最低でも年に1回行うべきです。頻繁にピアノを使用する場合は、1年に数回行うといいでしょう。また、購入したばかりのピアノは弦の張力の変化が大きいのといわれています。購入してから弦が安定するまでの1年~2年間は、1年に数回調律を行うと安心です。

ご家庭によって調律の頻度は異なりますが、ピアノをいい状態で長持ちさせるためには、定期的に調律を行うことが大切です。ピアノの調律は業者に依頼すると、ピアノの点検とともに対処してくれます。調律には大きくわけて3つの作業があります。

  • ☑調律…音程を正しく調節する
  • ☑整調…鍵盤のタッチを滑らかにする
  • ☑整音…希望にそって音色を調節する
  •  

     

    調律を依頼すると用途に合わせて作業してくれます。また、自分では確認することのできない部品などの劣化も確認してくれるのです。ピアノに不具合を感じたときは、業者に相談しましょう。

    ピアノの調律をする理由と放置した場合のリスク

    ピアノの調律をする理由と放置した場合のリスク

     

     

    ピアノの調律は、正しい音を出すためや、滑らかに演奏するために行うものです。ピアノの調律をしないで放置していると、音程が合わなくなってしまいます。また、寿命も縮まってしまいます。ピアノを使っていないと弦に衝撃も与えないので、音が狂うことはないと思っている方もいるかもしれませんが、保管しているだけで部品などが劣化します。

    頻繁に惹かれているピアノと長期間使っていないピアノの音を聴き比べたとき、大した音の変化は感じられないと言われています。つまり、どのような状態でもピアノの音ズレは起きてしまうということです。調律を行わず放置していると、ピアノにさまざまな悪影響を与えます。ここからは、ピアノのお手入れしなければどんな影響が出るのか紹介していきます。

    調律をしないまま放置しておくことで出る影響

    調律を行わず放置しているとさまざまな支障が出てしまいます。

  • ☑弦の劣化
  • ピアノは弦を叩いて音を出します。弦は叩くたび伸びていくので、徐々に音の高さが変わってしまうのです。また、ピアノを使用していなくても弦は錆びていき、最悪の場合は弦が切れてしまいます。

  • ☑部品の劣化
  • ピアノにはさまざまな部品が設置されており、中でも金属の部品が多くみられます。金属は温度や温度差によって、膨張してしまう可能性があるため注意しましょう。

    調律を定期的に行わなくては、上記のように劣化が進んでしまいます。ピアノをしばらくの間使用していない場合でも、ピアノのさまざまな部分が劣化していくことには変わりはありません。劣化が進むと最悪の場合、弦が切れてしまう可能性があります。弦が切れてしまうと修理の費用も必要になり、手間がかかってしまうので定期的に調律することが大切なのです。

    ピアノをいい状態で保管するための注意点

    ピアノは温度や保管状況によって劣化していくため、長持ちさせるためには保管方法が大切です。

    保管方法

  • ☑空調があたる場所は避け
  • 空調の冷気や暖気によって劣化が進んでしまいます。空調が直接あたらない場所に設置しましょう。できるだけピアノに温度差を与えないことが大切です。

  • ☑外気の影響を避ける
  • 外気の温度や湿度によって影響を受けることもあります。外気の温度や湿度を与えないように、外窓と距離のある場所にピアノを設置するようにしましょう。

    上記のように設置場所を配慮することで、劣化の進行を軽減することができます。また、湿気が多いとピアノにカビが発生する可能性があります。ピアノに発生してしまったカビは調律ではなく、クリーニングに出す必要があります。カビのクリーニングは調律よりも費用が高くなってしまうといわれています。カビを発生させないように除湿器を設置するなど、湿気対策をしましょう。

    業者にピアノの調律を依頼しよう!業者の選び方

    業者にピアノの調律を依頼しよう!業者の選び方

     

     

    ピアノの調律は専門的な知識を持っている業者に依頼しましょう。最近ではさまざまな業者があるので、業者選びに悩んでしまうでしょう。下記にて、信頼のできる業者を選ぶポイントを紹介します。

  • ☑無料で見積もりをしてくれる
  • 調律の見積りを無料で行ってくれる業者があります。事前におおよその費用を知っておくと安心です。また、無料で行ってくれる複数の業者に見積りを依頼するといいでしょう。複数の業者の見積金額を知ることで比較することができます。

  • ☑追加料金の有無
  • 見積りをして安いからとすぐに決めてしまうのはやめましょう。極端に安い場合は、のちに追加料金が発生する可能性があります。トラブルにならないために、事前に追加料金の有無を確認しておきましょう。

  • ☑ホームページや口コミを見る
  • 業者のホームページを見ることで、おおまかな費用や業者の雰囲気を知ることができます。また、口コミは依頼した人がいい点も悪い点も書いていることが多いので、参考になるのではないでしょうか。

  • ☑ピアノ調律技能士の有無
  • ピアノの調律は資格がなくても行えるといわれています。そのため、ピアノ調律技能の資格を持っている業者に依頼すると安心です。ピアノ調律技能士には、3級から1級まであり、1級が優秀です。1級を取得するためには、7年以上の実務経験やピアノ調律の養成学校を卒業していることが条件とされています。そのため、1級を取得している業者は技能面で安心です。

    まとめ

    ピアノの調律は1年に1回は行ったほうがいいです。頻繁に使用する場合は、調律の回数も増やすと安心です。また、しばらくピアノを使っていなくても、部品や弦は劣化していきます。のちに使用するときに違和感を感じ、弾きにくくなってしまうかもしれません。使っていなくてもピアノの調律は行いましょう。

    また、ピアノの設置場所などの保管方法によって劣化が進んでしまう可能性があります。ピアノは、温度の変化や湿気に弱いため、保管環境を整えることが大切です。湿気が多い場合は、除湿器を設置するなどの対策をしましょう。 業者に調律を依頼するときは、慎重に業者を選びましょう。上記で紹介したポイントを抑えて選ぶと安心です。

    0120-949-438

    通話料無料!携帯電話 PHSもOK!

    0800-805-7270

    24時間365日・日本全国受付対応中

    • 無料相談はこちら

    利用規約はこちら

    取材依頼多数

    CM

    私たちが24時間365日お客様をサポートいたします!

    通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

    0120-949-438

    24時間365日・日本全国受付対応中!
    • しばた
    • みつはし
    • かなもり
    • かみじょう
    • ほし
    • いしはら
    • おおた
    • まの
    • たけうち
    • あおき
    • しもの
    • おがわ
    • よしだ
    • こばやし
    • もり
    • つるた
    • なかお
    • ほりえ
    スタッフが待機中
    • 無料相談はこちら

    選ばれる4つの理由

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全 たいせつにしますプライバシー

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じて自然エネルギー普及に貢献しています。